読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会いツナがるレポート

心に残る出会いの体験談を集めています。

理系(農学部)男女の結婚

語り手プロフィール

男性、21歳、大学生

 

出会った相手のプロフィール

女性、21歳、大学生

 

出会いストーリー

現在30代の男性会社員です。妻との出会いについて紹介させて頂きます。

 

編入先の大学で


私は大学3年時にそれまで通っていた私立大学から国立大学に編入学をしました。理由は自分が職業としてなりたい研究職に就けないと感じたからです。従って編入先の大学では勉強に専念しようと思っていました。農学系の学部で、少人数の学科・コースでした。農学系ですので女子の方が多く、何人か可愛い子がいるなという印象を受けましたが、その中の一人が現在の妻でした。

 

講義や実験で席が近くなることもありましたが、特に会話もしていなかったので脈なしと完全に割り切っていましたが、数か月が経過して同じ研究室になることが分かり、所属するメンバーで飲み会をすることになってから会話をするようになりました。

 

彼女の失恋

 

失恋をしたばかりらしくて、その愚痴を聞く所からスタートし、少人数で居酒屋やカラオケをするようになりましたが、ある日二人で飲みに行くことになり、そこから私のアパートを訪れて交際がスタートしました。

それ以降は半同棲状態が卒業まで継続しました。就職活動で妻は地元企業を受け、遠距離恋愛になって別れると予想していましたが、私の内定先の企業周辺で就職しようとしていましたし、妻の両親から宜しく頼むと言われてしまったこともあり、結婚する覚悟を固めました。

 

せまられた選択


大学卒業後の数年間は半同棲状態が学生時代と同様に継続していましたが、別れるか結婚するか選択して欲しいと迫られ、私の意としたタイミングより早い段階でしたが、プロポーズをしました。結婚式の準備で大喧嘩したり、子供の誕生以降は育児に追われるようになりましたが、非常に信頼できるパートナーなので結婚して良かったと思います。


最後になりますが、夫婦には人それぞれの形がありますので一概には言えませんが、同じ世代や環境で育ったパートナーを選択することで価値観の相違やギャップがないように思います。これからも家庭円満を第一に考え、頑張っていきたいです。