読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会いツナがるレポート

心に残る出会いの体験談を集めています。

ドイツ人男性とネットで知り合って、恋人になり同棲生活スタート!

恋人 彼との出会い

f:id:mmaster:20161014175837j:plain

語り手プロフィール

当時、25歳でした。女性で、独身でした。スイスで、語学留学をしていました。

 

出会った相手のプロフィール

34歳の独身ドイツ人男性でした。ドイツにある薬剤開発の企業に勤めていました。

 

出会いストーリー

ドイツ語交流サイトで。


24歳の時に、スイスでドイツ語を勉強するために語学留学をしていました。その時に語学の向上のためと、現地の友達作りのために、ドイツ語の交流サイトにペンパルを探したのがきっかけです。その掲示板に何人かのドイツ人の方が日本人の友達を募集していたので、メールを何人かに送りました。6人くらいのドイツ人の方とメールの交換をしていました。何度かメールを交換しているうちに、そのうちの一人のドイツ人男性と仲良くなり、実際にお会いすることになりました。

 

スイスで初対面。


その人は34歳のドイツ人男性でした。会う前に、事前にお互いの写真を送りあいました。その時の写真の印象は実際に会ったときの印象より、若い時の写真でした。写真を交換して、実際に会ってみようとということになりました。私はスイスに住んでいたので、ドイツとスイスは隣同士の国なので、休暇を取って会いにきてくれることになりました。

 

 

初対面の印象。


実際にあってみると、すごくやさしくて感じのよい男性でした。ただ、事前に送ってもらった写真より老けていました。後頭部がちょっとはげてました。メールで送ってくれた写真は彼が20代のころの写真を送ってくれたようです。見た目はちょっと違っていて、正直がっかりしましたが、とにかく態度がやさしくて、どんどん惹きこまれました。スコートの仕方が上手なんです。扉を開けてくれたり、椅子に座りやすいように、椅子を動かしてくれたり。今までにそんな男性にあったことがなかったので、凄く優しいと思ってしまいました。そして話し方が、とても優しく聞こえました。私がドイツ語を勉強してまだ2年足らずだったので、気を使ってくれたのか、ゆっくり分かりやすいように話してくれました。

 

初対面で、その日にキス。


その男性は車でスイスまで会いに来てくれたので、スイスをドライブしてみようということになりました。車に乗っているときも彼はとても紳士でした。車の運転も上手で乗り心地はとても良かったです。そして、スイスの山に連れて行ってくれました。雪山で、上まで登ったのですが、周りが真っ白で何も見えませんでした。それでもとても良い思いでとして残っています。その後、街を散策したりしているときに、気がつけば手を繋いで歩いていました。そのまま人気のない所にきた時に、抱きしめられました。その時に、キスをして良いか聞かれたので、びっくりしましたが、同意してしまいました。その時、すでに彼を好きになっていたからです。出会ってすぐに、こんなに関係が深まるとはおもっていませんでした。その後、彼がホテルを予約していたので、そのホテルで二人で滞在することになりました。当然一夜を共にしたので、男女の仲になりました。出会って初日にこんなに仲良くなった男性は今までいませんでした。自分でもびっくりしました。彼もびっくりしたようです。こんなに早く関係が深まるとは思ってなかったそうです。

 

その後ドイツで同棲生活!


彼の休暇は2泊3日だったので、3日目にはドイツへ帰ってしまいました。別れ際はとても悲しかったです。彼とずーっと一緒にいたいって思っていたからです。その後メールでお互いの気持ちを伝え合いました。彼にドイツに来るように言われました。そして、半年後、彼のいるドイツへ行くことを決意しました。ワーキングホリデーのビザをとって、彼の住むアパートで同棲生活をスタートさせました。

同棲生活の始めのうちはとても良かったのですが、生活を共にしていく中で、喧嘩もよくしました。それは彼がうそをついていたことにあります。彼ははじめ日本人女性と付き合ったことはないと言っていました。ところが、彼のアパートで同棲してみると、元彼女の日本人女性の物や写真が見つかりました。それを彼に問い詰めると、何人か今までに日本人女性と付き合ったことがあることを認めました。何が悲しかったかって、どうしてうそをついたのか、それが許せませんでした。

その後よく喧嘩をするようになり、別れ話も出るようになりました。私が出て行くというと、彼は謝って引き止めてくれました。でもやっぱり二人の関係は続きませんでした。私のワーキングホリデーのビザが1年で切れてしまうので、ちょうどその期限が切れる時に、日本に帰国することになりました。彼は別れをはっきり口にしませんでした。でも、引きとめもしませんでした。私はその彼の態度に、もう関係は終わったと悟りました。結局同棲1年で二人の関係は終わりました。彼のことは本当に好きだったので、日本に帰国したときはとても悲しかったです。その後、彼から暫くたってから何度かメールが届いたりもしましたが、返事は書きませんでした。彼は私のことはあまり好きではなかったのかなと思います。その後、連絡を取り合うことはまったくないです。いろいろありましたが、今となっては良い思い出です。